プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年前の事件
いつも遊びに来てくださるTachn☆彡さんから、

>此れからは動きも機敏に成り、其の分危険も伴います。
>信じられない様な事を子供はします。
>充分に気をつけてあげて下さいね。

というありがたいコメントを頂きました。双子娘へのお気遣いに感謝いたします。

危険というと、今からちょうど4年前、ひとつの事件が起こりました。毎年、この時期になると、鮮明に記憶が蘇って来ます。

息子が22ヶ月になる前日、とあるクリスマスパーティーにて、大怪我をしてしまったのです。

いつもと違う雰囲気に、テンションがあがっていたのでしょう。ちょっとした拍子につまづいて、テーブルの角で口の下を切ってしまいました。かなりの出血があったので、慌てて救急病院に連れて行きました。

傷自体は、ERの医師たちにとってはたやすいものだったはずです。しかし、相手が22ヶ月の子どもとなると話は別です。親や病院スタッフの説得に応じるはずもなく、なかなか治療が進みませんでした。

子供用担架に縛り付けての治療を試みても、針を通すところまで行きません。泣き叫ぶ息子に、全員お手上げ状態でした。

子どもにはできるだけ麻酔を使いたくないとのことだったのですが、途中から全身麻酔の検討もはじめていました。

そうこうしているうちに、別の年配の医師が現れて、さっさと麻酔の無いまま4針を縫いあわせてくれました。後から話を聞いたら、その先生は、長い間小児外科をした後に、最近転職してERに来たとのことでした。その先生が居合わせたのは偶然に過ぎず、不幸中の幸いだったそうです。

それにしても、出血しながら泣き叫ぶ子どもが縛り付けられている姿を見るのは、本当に辛いものでした。その生々しい情景を忘れることは出来ません。

そして、今でも傷は残っていますが、幸いにも唇の境目で、黙っていたら分からないほど目立ちません。治療してくれた先生からも、怪我の場所としては最高だった、と妙な慰め方をされました。




ちなみに息子、この頃はクリクリの天然パーマでした。前髪も一度も切っていないのに、この短さでした(笑)。


これから、双子娘も息子が怪我をした月齢に近づいていきます。双子となると、息子の時以上に目が行き届かなくります。息子のときの経験を忘れずに、怪我には十分に気をつけてあげようと思います。

そして、この事件以降3年ほど、息子は大の病院嫌いになりました。さすがに、それに対して根性がないとか、しっかりしなさい、というのは酷なので、大目に見てあげていました。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


スポンサーサイト

テーマ:育児 - ジャンル:育児


この記事に対するコメント

ツインママかいちゃんさんへ
息子はチョロチョロしていたので、いつか怪我をさせそうと
心配していた矢先に、口を切ってしまいました(泣)。
ウチの双子娘も、息子に似てチョロなところがあるので、
本当に気をつけていかないとです。
【2005/12/22 16:22】 URL | Minnie #- [ 編集]


ちゃーちさんへ
わっ、ちゃーちさん、ラジオのアンテナで怪我をしてしまった
んですか(>。<") ほんと、目に刺さらなくて良かったですね。
思いも寄らない物で、怪我をするんですね。
魔の1歳児半に突入した双子を持つ同士として、色々
気をつけて行きましょう。(・-・*)(。。*)
【2005/12/22 16:22】 URL | Minnie #- [ 編集]


くま子さんへ
家のテープルは、プロテクションを付けてあったんですけど、
外では、そういう訳にはいかないですものね(泣)。
腕のいい医師に縫い合わせてもらったのは、幸いでした。
双子娘も、だいぶチョロチョロしてきました。ほんと
気を付けていかないとです。
【2005/12/22 16:21】 URL | Minnie #- [ 編集]


和さんへ
写真の傷口は、だいぶ腫れが治まってきた時に
撮ったものなんです。怪我直後は、もうちょっと
悲惨でした(;^_^A
子どもって、何をしてくれるか分かりませんよね。
痛い思いをさせないためにも、私が気を付けて
あげないといけないんだなと思いました。ハイ!
【2005/12/22 16:21】 URL | Minnie #- [ 編集]


milkさんへ
milkさんも、お母さんも、辛い経験をされたんですね。
お母さんは、ご自分を責められたのでしょうね・・・。
どれだけ苦しい思いをされたのかと思うと、私も胸が
痛みます・・・。
事故はいつどこで起こるか分かりませんよね。
ほんと、気を付けていかないとですね。
【2005/12/22 16:21】 URL | Minnie #- [ 編集]


ぷぅママさんへ
息子の怪我は、忘れることはできないでしょうね。
子どもって、予測できないところで、怪我をしたり
するものなんですよね・・・。
お互い、気をつけていきましょうね(・-・*)(。。*)
【2005/12/22 16:20】 URL | Minnie #- [ 編集]


おこさんへ
息子の怪我は、幸いにも目立たない場所で、本当に
良かったです。
双子娘も行動範囲が広がってきました。別々のところに
行かれると、どうしても目が行き届かなくなってきます。
息子の時以上に、気をつけて行かないとと思っています。
実際には、難しいんですけどね・・・。
【2005/12/22 16:20】 URL | Minnie #- [ 編集]


しょーべーママさんへ
息子の怪我、意外と深かったです。
血がボタボタたれてきて、結構焦りました(;^_^A
全身麻酔にも、多少のリスクはあるので、使わずに
処置してもらったのは、ラッキーだったと思います。
息子は、意識があったので、怖い経験になって
しまいましたけどね。
お互い、子どもの怪我には気を付けて行きましょうね~。
【2005/12/22 16:20】 URL | Minnie #- [ 編集]


さくまさんへ
コメントありがとうございますヾ(^▽^)ノ
さくまさんも、痛い経験をされたことがあるんですね。
確かに、包丁は子どもには魅力的ですよね。
おままごとのより、本物が使いたくなりますよね。
双子娘も、気をつけていかないとです。
【2005/12/22 16:19】 URL | Minnie #- [ 編集]


AKIさんへ
息子くんは、2度も縫う経験をしたんですね(>。<")
男の子って、ほんと無茶しますよね。
スケートボードや自転車に興味を持つようになったら、
毎日ヒヤヒヤですよね。
そうそう、一人目ってどじなんですよね~。
そういう私も、一人目です。弟の方が、しっかりしてました(爆)。
【2005/12/22 16:19】 URL | Minnie #- [ 編集]


Tachn☆彡さんへ
コメントを使わせてもらいました。事後報告ですみませんでした。
私も、盲腸で命を落としそうになりました。破裂寸前だったそうです。
お腹の痛みが出てきたのが、丁度授業参観の日で、親は
仮病だと思ったみたいです(笑)。
病院には連れて行ってもらったのですが、
血液検査をすぐにしてもらえず、そのまま家に帰されたんですよ。
これから、ウチの子ども達も色んな怪我、病気をする可能性が
ありますが、Tachn☆彡さんのコメントを読ませてもらって、
親の判断も大切になってくるんだなと思いました。いつも参考になる
コメントをありがとうです。
【2005/12/22 16:18】 URL | Minnie #- [ 編集]


mineyomさんへ
自宅では、怪我をさせないようにと、チャイルドプロテクション
を付けていたんですけどね。外には、いろんな危険が
ありますよね。
小児外科経験のある医師に会えたのは、本当に運が良かった
と思います。
ナツちゃんも、病院で嫌な思いを何度か経験しているんですね。
本人も辛いでしょうが、見ている側も辛いものですよね・・・。
【2005/12/22 16:18】 URL | Minnie #- [ 編集]


tomoさんへ
tomoさんは、整形外科でお仕事されていたのよね。
怪我をした小さなお子さんもたくさん来院したのかな?!
自分の子どもが治療されている姿を見るのは、嫌な
ものですよね・・・。
ほんと、お互い気をつけましょう!
【2005/12/22 16:17】 URL | Minnie #- [ 編集]


Manaさんへ
まいちちゃんも、救急病院に行かれた経験があるんですね。
そういえば、小児科専門の救急病院にいく手もありましたね。
すっかり動揺して、一番近くの病院にお世話になりました。
子どもが泣き叫ぶ姿を見るのは辛いですよね。
双子娘も、予期せぬ動きをするようになってきました。毎日
気をつけて行かないとです。
【2005/12/22 16:17】 URL | Minnie #- [ 編集]


myuママさんへ
あのね、ここだけの話だけど、夫は息子の血を見て
気絶したのよ・・・。昨日の記事に書こうと思ったんだけど、
夫のプライドを傷付けるかな?と思ってやめたの~。
って、ここに書いたら一緒かな?!(爆)
myuママも痛い思いしたのね(>。<") 
【2005/12/22 16:16】 URL | Minnie #- [ 編集]


marieさんへ
小児外科の経験のある医師に、処置してもらうことが
できたのは、不幸中の幸いでした。
ウチの中は、チャイルドプロテクションをあちこちに
付けてあったのですが、まさ外で・・・って感じでしたΣ(-_- ;)
マリサちゃん、三輪車の上には乗らないでね~(笑)。
【2005/12/22 16:16】 URL | Minnie #- [ 編集]


こんにちはっ♪

22ヶ月というと、ちょこちょこ動くのに、なにが危険かわかっていないっ!っていう年齢ですものね。。
子供って親の想像以上のことをしちゃったりするんですよね・・
Leoくん・・大変な思いをしましたね。
minieさんも、つらかったでしょうね。
【2005/12/22 16:13】 URL | める #- [ 編集]


大変でしたね~~(><)
改めて、気をつけなきゃ、、と気を引き締めました。テーブルの角、怖いですね。。。。
ウチの双子は慎重派で、あまり大胆な事はしないのでちょっと余裕でしたが
最近室内のジャングルジムからドカドカ落ちるようになりました
こっちも双子にも油断が出てきたのでしょうね
気を付けなきゃ~~
【2005/12/22 13:10】 URL | ツインママかいちゃん #- [ 編集]


こんな痛々しい事故があったんですね・・・
偶然にしてもいいお医者さんがいてくれて本当によかったです。

私も3歳ぐらいの時に、転んだ先にラジオが置いてあってアンテナで眉間を怪我したそうです。目に刺さらなくてほんとによかったと話に聞いても記憶がないので実感がわきませんでしたが、子供を持った今、いかに恐ろしいことだったかわかります。
私の眉間にはあまり目立ちませんが今も傷が残っています。

本当に私も気をつけたいです。
【2005/12/22 09:38】 URL | ちゃーち #nRVwnW6U [ 編集]


テーブルの角って本当に危険ですよね(´д⊂グスン
写真のお顔痛々しいですi-195
病院での出来事も小児外科のお医者さまがいてくれて本当によかったです
読んでてドキドキしました
小さい子どもの怪我ってほんの一瞬の出来事ですもの・・・
私もしっかりしないとですね
Leoくん傷が残らなくてよかったです

応援ぽち♪
【2005/12/22 08:37】 URL | くま子 #A1vz8dvw [ 編集]


これは結構な傷ですね。
ドキドキハラハラしたでしょうね。
子供は思いもしない行動にでるので
注意が必要なんだけど
2人目はなんか放ったらかしが多くて
ちょっと反省しました。
【2005/12/22 05:18】 URL | 和 #- [ 編集]


本当に怪我は怖いですよね。
私も気をつけなきゃ。
何かあってからじゃ遅いですもんね。

実は、私が小さい頃、母の後ろの自転車の後輪に足を入れて、かかとがちぎれる大怪我をしたことがあって、いまでも10何針の傷跡が足にあります。母は、当時、3人目を妊娠していましたが、その事件により流産。それ以来、子どもを産めない身体になってしまいました。

そのことを大きくなってから知りました。
母の心労、考えるととてもつらかったです。

事故、本当に怖いので、気をつけたいです。
【2005/12/22 00:29】 URL | milk #- [ 編集]


忘れられない光景でしょうね。いま娘が、その時のLeoくんと同じ月齢。ちょっとした油断が事故につながるんでしょうね。子供と毎日過ごしていると、つい平気かな?と、注意があまくなってしまう事があります。油断は禁物ですね!
【2005/12/22 00:02】 URL | ぷぅママ #- [ 編集]


辛い経験をされましたねv-390
私の妹も小さい頃、唇を切ったことがあり、
何針か縫いましたが、
それを思い出しましたv-356

双子たちに怪我をさせないよう、
なるべく気をつけたいですが、
いつか何かをしてしまいそうで怖いですv-406

Leoくんは傷が目立つように残らなくてよかったですv-353色男が台無しになっちゃうとこでした(笑)v-343
【2005/12/21 23:15】 URL | おこ #Eoia7tJ2 [ 編集]


ひょえー、読んでいて鳥肌がたちました。どこにでもある机のかどなのに、こんなことになっちゃうんですね;

口から血が出ると、焦りますよね。ふー、いい先生がいて、ほんとラッキーでしたねぇ。とてもじゃないけど、小児科の先生じゃなかったら全身麻酔になっちゃいますよねぇ。

しょーべーも2歳半をすぎてどんどんやんちゃになってきました。お友達に怪我をさせても大変だし、自分もしないよう、私も気をつけます。あたまにメモメモ。
【2005/12/21 23:02】 URL | しょーべーママ #- [ 編集]


こんばんは
痛々しい・・本当に子供というのは何をするかわかりませんよね・・
私もかなりやらかしました
母が包丁をすぱすぱ使う姿がかっこよくてじゃがいもを自分で切ろうとして自分の指を・・・・
三歳になるかならないかの出来事です(汗)自分でもあ・・・やっちゃった・・と思ったものです・・
【2005/12/21 22:37】 URL | さくま #- [ 編集]


うっ・・痛そうです。でも、何を隠そうウチの息子も額に1針の傷が2つあります。1つはよちよち歩きの頃、もう一つはつい1ヶ月ほど前に・・男の子は無理をするから・・・で、一人目って案外どじなんですよね~。
【2005/12/21 20:24】 URL | AKI #nAh1f/nU [ 編集]


こんばんわ~

Leo君痛々しいですね。子供が苦しんでいるのを見るのは辛いものです。
私も過去に怪我では無いのですが、息子が盲腸で痛がってるのを、一晩中放置された経験が有ります。何の処置もしないで・・
医師曰く・・子供はなるべく手術をしないほうが良い・・・その結果息子は生死さ迷う羽目になり、其の病院を出て他で手術を受けました。
あの時、あの決断が無かったら、息子は盲腸で死んでいたかもしれません。盲腸なんて初期に処置すれば簡単な手術ですのに・・・
Leo君は良い先生に巡り会いましたね。
【2005/12/21 18:55】 URL | Tachn☆彡 #3UqFtu7o [ 編集]


テーブルの角は怖いですよね。
よそのお宅だとかっても違うし、思いがけないところで怪我ということもありますから、注意しなければなりませんね。
Leoくん、治療のときは怖かったでしょうね。
腕の立つ先生が偶然いてくれ、きれいに治してくれたことは本当によかったですね。
うちの娘も検査で、泣き叫ぶのを押さえつけてというのを何度か経験しました。
見ているのは辛いですよね。
うちもしばらくは病院嫌いになりました。
【2005/12/21 18:19】 URL | mineyom #- [ 編集]


怖いですねぇ。。。何をするのか分からないんですね。頭に入れときます。( ..)φメモメモ

整形外科(受付)で6年ほど働いていたので傷口を見るのは平気なのですが、自分の子供だと見れないかもしれません。(笑)

お互い気をつけましょうね!!
【2005/12/21 18:12】 URL | tomo #TY.N/4k. [ 編集]


うちの子も、1歳になる少し前に誤飲の可能性があり、
小児科救急病院へ連れていきました。
(小児科専門の救急です)
本人は至って機嫌がよかったのですが、
あったものがなくなっていて、必死に探したけれど
どうしても見つからず、病院へ行ったのです。

病院のガウンに着替えさせて、医者が来るまでは
ニコニコしていたのに、レントゲン室へ移動するあたりから
笑顔が消え、レントゲン撮影は泣き叫んで大変でした。

結果、何ごともなく、数日後に誤飲したかもしれないものは
意外なところから出てきたのですが、
泣き叫ぶ姿を見て、とても反省しました。
「昨日できないことが今日できるようになる」年齢だということを痛感した一件です。
【2005/12/21 18:01】 URL | Mana #ex3yOCrA [ 編集]


わ~・・・痛そう。
ほんと気を付けないとね、うちも。

縫われてるLeoちゃんの姿、想像しただけでも目を覆いたくなるような場面でしょうね。
親としては辛いですが、傷跡きれいになってよかったですね♪ 言われなければそんなに目立ちませんよ。

でもテーブルの角はほんと気を付けないといけませんね。余談ですが、私もこの前の忘年会で腰をテーブルの角で打ってしばらく声が出ませんでした。大人の私でも痛かったので子供なら我慢できない痛さですよね。
【2005/12/21 17:37】 URL | myuママ #- [ 編集]


本当に大変な事故でしたね。
Leo君、ERに偶然小児科の先生がいてくださったのも彼の持って生まれた強運なのでしょうね。Minnieさんも心が痛かったことと思います。
テーブルの角は、本当に怖いですね。
うちのマリサもかなりお転婆なので
本当に気をつけないと・・・。
そして、サラも、そういう時期に入ってきました・・・。
【2005/12/21 17:14】 URL | marie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bgg.blog35.fc2.com/tb.php/150-c41dd495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。