プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サークルの限界
双子娘も22ヶ月になり、「魔の2歳児」の兆候が見え隠れしてきました。女の子育児は楽だと思っていましたが、私の希望的妄想に過ぎなかったようです。

二人のいたずら・反抗は日に日にエスカレートしており、以前よりも手を焼くようになってきました。

先日は、Lisaが自分で踏み台を運び、炊飯中の炊飯器の蓋を開けて喜んでいました。相棒のLinaは、ゴミ箱からゴミを出して大喜び(泣)。ダイニング・テーブルの椅子にもよじ登れるようになり、私のノートパソコンはおもちゃになり(大泣)。息子の宿題は落書き帳と化しています(号泣)。

そんな双子娘に対抗する私の強い味方、それはベビーサークルです。キッチンに立っているときなど、目が行き届かなくても、サークルの中なら安心できます。中に閉じ込めておけば、落着いて食事をとることも出来ます。二人は嫌がるのですが、怪我をされるより、よっぽどましです。

その強い味方も怪しくなってきました・・・。

0413062.jpg


どうしても、ピアノで遊んでいる息子のところに行きたかったようで、サークルに足を引っ掛かけて、よじ登ってしまいました。 すぐに降ろしたのですが、よほど嬉しかったのか、その後も何度も何度も繰り返していました。

もちろん、すぐに相棒のLinaも真似を始めました。サークルの説明書によると、使用年齢は6ヶ月~3歳半となっているんですけどね・・・。

明日からの育児を考えると、頭痛がしてきそうです(溜息)。

Lisaにサークル登りを決意させたように、最近の双子娘は、ピアノを弾く(?)ことがお気に入りです。

0413061.jpg


二人が仲良くしている姿を見ると、育児できることの幸せを感じるんですけどね(笑)。自由に動き回る双子との戦い、どんな展開が待っているのでしょうか(汗)。


スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。