プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアの向こう側
ついにこの日がやってきてしまいました。

二人揃って、ドアを開けることを覚えてしまったんです(泣)。

「もうちょっとで、手が届きそう!」


「あ、開いた!!」
0309062.jpg

「やっほ~~!!!」
0309063.jpg


ドアの開け方さえ覚えてしまえば、別の部屋にも、クローゼットの中にも、飲料水がおいてある洗濯機置き場にも、トイレにも、どこでも行きたい放題です。私がサボっていたと言ってしまえばそれまでなのですが、リビング・ルーム以外には安全対策が全く施されていません。他の部屋にいかれては困るのです(汗)。

最大の問題は、右側のドアの向こうにある部屋です。そこには息子のおもちゃがたくさん置いてあり、二人にとっては魅力的な領域です。ドアが閉め忘れていたら、目ざとく見つけ、猛ダッシュで駆け込んでいきます。

自由に遊ばせてあげたいところですが、まだ双子娘に小さなおもちゃで遊ばせるのは危険なことです。入り込んだとたんに、泣き叫ぼうが、つまみ出していました。

しかし、ドアさえ閉めてしまうと、あっさりと諦めてくれていました。

もう、その手は通用しないようです。もしかしたら、あっさりと諦めていたのではなく、密かに自力で開けられるチャンスをうかがっていただけなのかもしれません。

いずれにしろ、今日をもって、双子娘をリビングに閉じ込めておくことは不可能になりました。

目の行き届かない場所に逃げ込まれるのは、さすがに事故の元になります。こうなると、二人と追いかけっこするしかありません。そんなこんなで、今日は一日中二人と追いかけっこをしていました。

二人の好奇心は育んでいってあげたいのですが、圧倒され気味の母は、正直言って疲れました(笑)。

好奇心が強いのも、知恵がついてくるのも嬉しいことなのですが、さすがに今日は喜びに浸っている余裕はありませんでした。とりあえず、明日にでも、ドアノブのロックを買って来ようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。