プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い行いに対する報酬
息子の通っているキンダーでは、"Caught Being Good"という制度があります。

自発的に、困っている友達を助ける、先生を手伝う、といった良い行いをすると、担任の先生から写真の青い紙がもらえます。具体的には、怪我をした子をオフィスに連れて行った、他の子が散らかしたオモチャを片付けた、といった理由でもらってきています。




この青い紙をもらうことは、子ども達の間では大変な名誉のようです(笑)。そしてこの紙には、値打ちがあるんです。


なんと、5枚集めると、トイザラスの商品券5ドル分が、学校のオフィスから進呈されます。

息子も昨年の9月からこの紙をもらい始め、昨日5枚目を持ち帰ってきました。クラスでは、まだ一人しか商品券をもらっていないそうで、自分が二人目になったことを大変喜んでいました。

子どもの喜んでいる姿を見るのは嬉しいことですが、商品券が欲しいがために、先生の前だけで良いことをする子が出てくるんじゃないかしら?!と疑問に思ったりもしました(汗)。

ま、その辺りは、先生の方が正しく見極めてくれるんでしょうけどね。

今日早速、青い紙5枚を持って、トイザラスの商品券をもらってきました。

0217062.jpg


良い行いをしたことは、ひとまず褒めてあげたいと思います。

商品券は、来週の誕生日プレゼントの足しにさせる予定です(笑)。

微妙に賛否両論ある制度ですが、少なくとも、これを通じて、何が良い行いなのかを学んでくれたはずです。これからは、賞品と関係なく、そういった良い行いが出来るようになっていって欲しいところです。


スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。