プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双子娘の好奇心
双子娘の身体的成長に喜んでいる毎日ですが、それ以外も順調に育ってくれています。

コミュニケーション能力や運動スキルも、当たり前のことかもしれませんが、気がついたらすっかり1歳半のレベルになっていました。そして認知能力も確実に向上しているようです。

最初に目だってきたのが、物まねです。好きなテレビ番組を観ては、一緒に歌って踊り、絵本を読んであげれば、オウム返しをしてきます。私の呼びかけに対しても一緒です。

そして、観察能力も発達しています。身の回りのことを、全力で理解しようとしているようです。先日、紙で出来た部屋(写真参考)を、双子娘のどちらかが破いてしまい、セロハンテープで補修してあげました。その間、二人の妙に熱い視線を感じていました。

昨日、ふとLisaに目を向けると、こんな事をしていました。




部屋のドアの部分が、切れていると思ったのでしょうか、セロハンテープを10センチほどの長さに切って、補修しようとしています(笑)。私の行動を覚えていたようです。そしてセロハンテープの場所も覚えていたんですね。手の届かない所において置いたはずなのですが、オモチャを踏み台にして、取ったようです。

以前の私の行動から、「破けた->修理->セロハンテープ」というパターンを観察し、学習していたようです。今までは考えられなかったような知的レベルを要求される行動です。Linaの成長に、ちょっと感動してしまいました。同時に、観察されていることの責任の重さを感じました。

さて、昨日から急に気温が低くなってきたのですが、このような双子娘を一日家の中に閉じ込めておくことは出来ません。近所の公園へ二人を連れて行ってきました。

「はーい!」
0216062.jpg


「これなに?」(黄色いタンポポが気になったようです。)
0216063.jpg


「これは揺らして遊ぶんだ~。二人でやると楽しいね!」
0216064.jpg


認知能力が向上してきたためか、こんな感じで、双子娘は好奇心のかたまりのような子ども達になっていました。

息子Leoも異常なほど好奇心が強い子なので、双子たちも同じような道をたどって行きそうです。もしかしたら、それ以上かもしれません。まあ、そもそも子どもはそういうものでしょうし、好奇心が強いのは歓迎すべきことです。これは恵まれていること、と考えていきたいと思います。

少なくとも、好奇心の強い子どもの成長を見ているのは、楽しいものです。


スポンサーサイト

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。