プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコ湾の対岸
昨日の日曜日、暖かい陽気に誘われて、海が見たくなりました。

どうせだったら普段と違ったところに、ということで、サンフランシスコ湾の対岸にあるサウサリートまで行ってきました。

サウサリートへ行くには、ゴールデンゲートブリッジを渡ります。息子は過去に通ったことを全く覚えていないようで、「世界一大きな橋だ!」と大喜び!

残念ながら、実際には世界一大きな橋ではありません。それでも、世界で最も有名な橋の一つですし、息子が見たことがある最大の橋であることも事実です。大人の私も、これほど大きな橋を約80年も前に架けたものだと、通るたびに感動を覚えます。

そして、写真修行中の身(?)である私にとっては、格好のシャッター・スポットです(笑)。

0212061.jpg


見晴台に駐車して、見学と撮影です。
少しもやが掛かっていましたが、この高さからの眺めは格別です。下の写真の左中央に写っているのが、アルカトラズ島で、右中央に見えるのがサンフランシスコの街です。

0212062.jpg


橋を歩いて渡ることもできるのですが、次回のお楽しみに取っておきました。といっても、これは息子にとって、とてつもなく恐ろしいことに感じられたようなので、しばらく実現しそうもありません。確かに、慣れるまでは足がすくむ思いがします。

車に戻り、目的地のサウサリートへ。

それほどの賑やかさはありませんが、子ども達を連れて散歩するには、むしろ最適な場所です。

0212063.jpg


通りには、可愛いブティックや、アンティークショップ、画廊などが立ち並んでいます。ダブルストローラーでは入ることができないので、外から眺めるだけです。それも十分目の保養にはなります。

0212064.jpg


散歩途中、ストローラーに乗ったワンちゃんと出会いました。双子娘は、「ワンワン」と興奮気味。犬の苦手は息子は、夫の影に隠れ、怯えていました。兄の立場としては、ちょっと情けない気もするのですが・・・。

0212065.jpg


海のそばに来ると気が緩むのか、多くの人がアイスクリームを食べながら歩いています。ウチも負けずに派手に食べてきました。

息子が選んだのは、ブルーベリー・チーズケーキ・ヨーグルト in チョコレートがけワッフルコーン・スプリンクルつき。よくもまあ、これだけのものを自分で吟味して、選んで、オーダーできるものです。彼の甘いものに対する関心と執着には、ある種関心させられます。私が小さい頃は、ソフトクリーム!といったシンプルな要求しかなかったと思うのですが・・・。

0212067.jpg


小春日和の日曜日(って、こちらの季節ではほとんど毎週そうなんですけど、笑)、気持ちよく散歩を楽しむことが出来ました。

双子娘にとっては、初めての対岸訪問でした。そんなことは知る由もないんでしょうが、普段と違う風景を楽しんでいたようです。息子は、これだけアイスクリームが食べれれば、無条件で満足だったようです。

スポンサーサイト

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。