プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年を振り返って
2005年も、もうすぐ終わろうとしています。

この一年、息子+双子娘は、軽い風邪を何度かひいたものの、大きな病気や怪我をすることなく、元気に成長してくれました。

一年前には、寝返りしかできなかった双子娘も、今では小走りができるようになり、簡単な意志の疎通までできるようになりました。

息子はプレ・キンダーから、キンダーへ進級し、たくさんの新しいお友達ができました。簡単な読み書きもできるようになり、文字への興味がぐっと沸いてきました。

そして私は、軽い気持ちでブログを始め、3日で終るだろうと予想していた夫の期待を裏切り?半年に渡って続けることができています。

これもみなさんに読んでいただき、励まして頂けたおかげです。とても感謝しています。本当にありがとうございました。

そして、ブログを通じて多くの方と知り合えたことが、私にとって、育児の支えとなりました。ありきたりな言い方ですが、皆さんと知り合えたことが、私にとって、今年最高の出来事だったように思います。わけもわからずに始めたブログですが、今となっては、続けてきて本当によかったと思っています。

来年も、息子+双子娘の成長を見守っていただたら幸いです。

今年1月の写真です。一年でとても大きくなりました。



1230052.jpg


一年経って、また同じようなことが言えていたらいいな、と思います。

それでは、2006年が、みなさんとご家族にとって、素敵な一年になりますように、心よりお祈りします。

今年最後のクリック、お願いします(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


スポンサーサイト

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

後片付け
出すのは楽しいけど、片付けるのが面倒なのがクリスマスツリー。

まだ数日は出しておいてもいいかしら?と思っていたのですが、「クリスマス終わったから、しまわないとね」と息子に指摘されてしまいました。

プレゼントを開封してしまったので、もう不要ということのようです。

いいタイミングだったので、言いだしっぺの息子に手伝ってもらい、ツリーを片付けることにしました。

オーナメントと、ライトをはずすのは、息子の担当です。だいぶ役に立つようになってきました(笑)。




また来年会いましょう。
1228052.jpg


ツリーの片付けついでに、大掃除も始めました。ソファーの下や、棚の後ろから、クレヨンやオモチャを発見。息子の探していたゲームソフトも出てきたりと、宝探し状態でした(笑)。

一度始めると、あちこちが気になり、ブログの更新も断念して、掃除に没頭しました。ついでに、子供用の本棚を移動したりして、簡単な部屋の模様替えも行いました。

子どもが3人ともなると、家中物だらけになります。なかなかスッキリとした部屋にはなりませんが、ひとまず大掃除は終了です。

これで、気持ちよく、新年を迎えることができそうです。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゜)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:日記 - ジャンル:育児

クリスマスのしめくくり
息子と約束していた、ダウンタウンのクリスマス・イベントに行って来ました。

土日のどこかで行く予定だったのですが、雨の日が続いたため、クリスマス過ぎの今日まで延期になってしまいました。




このイベントは、市の中心部にある公園に、クリスマス関係の展示物を並べたものです。展示物は毎年同じもののような気がしますが、その辺はご愛嬌です。

1226052.jpg

1226053.jpg

1226054.jpg

1226055.jpg

1226056.jpg

1226057.jpg


多くのツリーも飾られていました。それぞれ、手の込んだオーナメントが飾られ、ツリーだけでも見ごたえ十分です。これは、学校、企業などの団体から提供されているようです。枯れ始めたツリーもあったのは、時期的に仕方ないですよね。

1226058.jpg


双子娘もストローラー(ベビーカー)から降りて、自分たちの足で見学です。自由に歩けるのが嬉しかったのか、楽しさが伝わったのか、手を叩き、興奮状態で歩き回っていました。

12260510.jpg

1226059.jpg


イベント会場から駐車場に戻る間に、路面電車とすれ違いました。手を振ると、車掌さんも手を振ってくれます。いまだに乗車したことがないのですが、息子の小さいころからのお気に入りです。

12260511.jpg

12260512.jpg


今日も今ひとつのお天気でしたが、クリスマスの締めくくりとして、十分に楽しんでくることができました。

ちなみに、今日の写真は、前から話題にしていた一眼レフのデジタル・カメラで撮ってみました。そう、私へのクリスマス・プレゼントです(笑)。今までの写真と、あまり変わらないような気もしますが、シャッターの切れ味には大満足です。写真の勉強はこれからの課題ですね(;^_^A

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゜)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

プレゼントタイム♪
今日は待ちに待ったクリスマスです。

だるそうに起きて来た息子ですが、今日がクリスマスであることを思い出すと、ものすごい勢いでツリーの下のチェックを始めました。

昨日の夜と比べて、プレゼントが増えていることにすぐ気づきました。が、

「これ、本当にサンタさんが持って来てくれたの?ウチにあるラッピングと同じじゃない?!」

息子の鋭い指摘に、一瞬にして私の眠気も吹き飛びました。

わざわざ新しいラッピング・ペーパーを購入して、息子に気づかれないようにしたつもりだったのですが、やはり、自分の好みで選ぶと、似通ってしまうんでしょうね(汗)。

「ウチにはそんなラッピングないよ」とごまかそうとしましたが、まだ納得のいかない様子です。仕方がないので、切り札の「プレゼント開けてもいいんだよ」の一言を出しました。疑惑のことはすっかり忘れて、プレゼントに飛びついていきました。

さあ、プレゼントタイムです♪




先に起きていた双子娘も合流して、必死にプレゼントを開け始めました。

1225052.jpg


やっぱり女の子のプレゼントは可愛いですね~。
欲しいと思っていた、野いちごままごとセットに、私の方が喜んでしまいました。
義理の妹が作ってくれた、フエルトのパン。2人分は時間が掛かったと思います。本当にありがとう。大切に(って、もう2人で口に入れちゃってるけど)使わせてもらいますね。

右下の、ちょっと大きめのキティと本はサンタさんからです。

12250511.jpg


一番大きな袋は誰のオモチャが入っているの?3人で奪い合いしてました(笑)。

12250512.jpg


サンタさん方もらったのは、ミニカー50台を収納できるトラック。(カタログで見つけて、ずっと欲しがっていました。)
恐竜の飛びだす絵本ももらいました。

12250513.jpg


表面上は素直に喜んでいた息子ですが、何度も「本当はパパとママが買ったの?」と聞いてきていました。サンタさんが通用するのは、今年が最後なのかもしれません。

息子が、パパ宛、ママ宛、双子娘宛に置いていたプレゼントも、開けさせてもらいました。
中には、自分のオモチャや本、縫いぐるみが詰められていました(笑)。双子娘にキティのパズルなど、それなりに相手にあわせたものを選んでいたようです。

ただし、息子が所有権を本当に放棄したのかどうかは、この先様子を見ていかなければわからないような気がします。

12250514.jpg


今日一日天候が優れず、どこにも出かけられなかったのですが、子どもたちは、新しいオモチャに囲まれて、楽しい一日を過ごすことができました。サンタさんに負けず、クッキーやケーキもたくさん食べて、おなかもいっぱいでした。

おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、サンタさん。どもありがとうございました。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゜)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

チョコチップクッキー
いよいよ今日はクリスマスイブです。

プレゼントを運んできてくれるサンタさんのために、息子と一緒にチョコチップクッキーを焼きました。

息子によると、サンタさんはチョコレートが大好きだから、お腹プックリの、あの体型になったそうです。




焼き上がりのクッキーを試食し、これならサンタさんも喜んでくれると太鼓判を押していました。

自分たちで焼いたクッキーに、お友達からもらったクッキーとミルクをそえて、息子はベッドに入っていきました。

明日の朝、プレゼントが届いているかな?

1224052.jpg


昨日の記事に対し、たくさんのコメントをありがとうございました。お返事は、明日させてもらいますね。

また、今日はみなさんの所に遊びに行かせてもらう時間が思うようにとれませんでした。ごめんなさいね。m(._.)m ペコッ


ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

Merry Christmas!
日本は今晩がクリスマス・イブですね。

時差の関係で、こちらのクリスマス・イブは明日になります。そもそも特別なことはしていないのですが、おかげさまでクリスマス準備は大体終わりました。プレゼントの買出しも予定通り済ませることができました。

あとは、明日の昼、サンタさんにあげるチョコチップクッキーを焼き、自分たちが食べるケーキを購入(これは必要でしょう!)すれば完璧です。

なんとなく余裕ができたので、気分を盛り上げるために、近所の電飾を見物してきました。

通りを入るごとに、飾り付けられた家が浮かび上がり、とてもきれいです。こちらの街頭は非常に暗いので、ちょうどいい雰囲気が出ています。息子はもちろん、今年は双子娘も手を叩いて喜んでいました。

私は、最近凝り始めたカメラで、夜景に挑戦です(笑)。



1223052.jpg

1223053.jpg

1223054.jpg


子どもたちが予想以上に喜んでくれていたし、もう少し写真も撮りたかったので(汗)、ダウンタウンで行われているクリスマスのイベントに向かってみました。

しかし、金曜日の夜ということもあってか、予想以上の賑わいです。駐車場を見つける事もできず、あきらめることにしました。残念がる息子とは、明日か明後日の日中にでも出直す約束をしました。

クリスマス・イブ、クリスマスと、子ども達の喜ぶ顔を想像すると、私もワクワクしてきます。家族みんなで、楽しい二日間にしたいと思います。

みなさんも、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゜)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

家族の原風景
子どもたちは、ウチの家族のことをどう思っているのかしら。なんて、時々考えることがあります。

3人にとって、それが一生の記憶になり、家族というもののイメージを作り上げるんで、それなりに気になります。どうせだったら、家族というのは明るく暖かいもの、という印象を持っていて欲しいものです。

ついでに、私自身がどう映っているのかも、微妙に気になります。友達みたいな存在なのか、それとも怖い母親なのか。分かったところでどうなるもんじゃないですが、知っておきたいような気がします。

そんな気持ちを察してか、Leoが家族の絵を描いてきました。前回の貼り絵よりもかなり具体的です。

1222051


少なくとも、虹がかかっているので、明るいイメージは持っていくれているようです。息子的には、台詞付きなのが画期的だそうで、ひとつひとつ説明してくれました。

左端にいるのが私で、"Dinner time!"(夕飯よー)と叫んでいるそうです。エプロン姿で、すっかりかーちゃんです。右側にいるのが夫で、"What"(なに?)と言っているそうです。夫婦間の空気が捕らえられてしまっています(;^_^A

夫の上にいるのが、Leo本人で、"OK"と気持ちのいい返事をしています。自分はいい子なのです。

その隣にいるのがLisaで"Ew"(気持ち悪いものを見たときに言う言葉)といっています。一度Lisaが偶然その言葉を発したのが、ものすごく面白かったようです。その左にいるのがLinaで、"Kitty"(ハローキティのキティ)と言っています。確かに、Linaは状況に関係なく、キティを指差して「キティ」と言ってばかりです。

と、これ一枚で、私が今まで書いてきたブログよりも、うちの家族を的確に表現しているかもしれません。

とりあえず、家族は楽しいもの、という印象を持ってくれているようで、安心しました。これからも、このイメージを壊さないよう、楽しい毎日を送って行きたいところです。

そして、私は、エプロンして食事を作る母親、というポジションのようです。この絵を描いた後、「後片付けちゃんとやったらチューしてあげるよ」と言ったら、「風邪ひいちゃうよ」といって逃げていきました。寂しいような気もしますが、それが正しい関係ですよね。それに、私には、まだ双子娘がいるし(笑)。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ




テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

牛乳との戦い
いよいよ、クリスマス目前です。気分が盛り上がるのはいいことですが、町中どこもが混雑しています。デパートやスーパー、道路まで混んでいて、日常の買い物はなんだか億劫になってしまいます。

しかし、3人の子持ちには、そんな悠長なことを言う資格はありません。双子娘を連れて、ディスカウントストアーに行ってきました。

洗剤等の日用雑貨を買いつつ、ふと目に留まったのが、下の写真の粉ミルクです。

あまりセールになることがないのですが、一缶につき5ドル引きだったので、買い込んできました。買った瞬間、なんとなくデジャブのような気がしたのですが、家に帰ってきて真相が明らかになりました。前回来た時も、同じように買い込んでいたのです。





ということで、実際はこの倍の在庫があります(笑)。

この粉ミルクを買い込むのには、小さな理由があります。LinaもLisaも牛乳が嫌いなんです。もう牛乳に切り換えていい月齢なのですが、暖めても、冷たくしても、全く受け付けてくれません。

仕方がないので、この粉ミルクを飲ませ続けています。これは、9ヶ月から飲ませることができるので、日本で言われている、フォローアップミルクに当たると思います。(こちらでも、フォローアップミルクって言うのかしら?!)

この件、18ヶ月検診の際に担当医に相談してみましたが、まったく取り合ってもらえませんでした。牛乳嫌いの子どもって、結構いるんだよね、とどうでもいいことのような扱いです。一応、

- 豆乳を試してみよう。
- それでもだめなら、ヨーグルトやチーズを大目に与えよう。
- さらにそれがだめなら、カルシウム入りのジュースを飲ませよう。

とお気軽な回答を用意してくれました。フォローアップミルクのフォの字も出てきませんでした。

こう言われてしまえばそれまでなんですが、やはり母としては牛乳を飲んで欲しいような気がします。

そんなことを夫に話していたら、「牛乳が飲めなくたって大丈夫だよ、俺だって牛乳飲まないし」と、これまたまったく気にしていない様子です。確かに、夫が牛乳を飲んでいる姿を見たことはありませんが、彼は至って丈夫です。それでも、乳幼児期には大切な栄養源だと思うんですけどね・・・。

牛乳嫌いを克服できる方法、何かいいアイデアはないでしょうか?!

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

4年前の事件
いつも遊びに来てくださるTachn☆彡さんから、

>此れからは動きも機敏に成り、其の分危険も伴います。
>信じられない様な事を子供はします。
>充分に気をつけてあげて下さいね。

というありがたいコメントを頂きました。双子娘へのお気遣いに感謝いたします。

危険というと、今からちょうど4年前、ひとつの事件が起こりました。毎年、この時期になると、鮮明に記憶が蘇って来ます。

息子が22ヶ月になる前日、とあるクリスマスパーティーにて、大怪我をしてしまったのです。

いつもと違う雰囲気に、テンションがあがっていたのでしょう。ちょっとした拍子につまづいて、テーブルの角で口の下を切ってしまいました。かなりの出血があったので、慌てて救急病院に連れて行きました。

傷自体は、ERの医師たちにとってはたやすいものだったはずです。しかし、相手が22ヶ月の子どもとなると話は別です。親や病院スタッフの説得に応じるはずもなく、なかなか治療が進みませんでした。

子供用担架に縛り付けての治療を試みても、針を通すところまで行きません。泣き叫ぶ息子に、全員お手上げ状態でした。

子どもにはできるだけ麻酔を使いたくないとのことだったのですが、途中から全身麻酔の検討もはじめていました。

そうこうしているうちに、別の年配の医師が現れて、さっさと麻酔の無いまま4針を縫いあわせてくれました。後から話を聞いたら、その先生は、長い間小児外科をした後に、最近転職してERに来たとのことでした。その先生が居合わせたのは偶然に過ぎず、不幸中の幸いだったそうです。

それにしても、出血しながら泣き叫ぶ子どもが縛り付けられている姿を見るのは、本当に辛いものでした。その生々しい情景を忘れることは出来ません。

そして、今でも傷は残っていますが、幸いにも唇の境目で、黙っていたら分からないほど目立ちません。治療してくれた先生からも、怪我の場所としては最高だった、と妙な慰め方をされました。




ちなみに息子、この頃はクリクリの天然パーマでした。前髪も一度も切っていないのに、この短さでした(笑)。


これから、双子娘も息子が怪我をした月齢に近づいていきます。双子となると、息子の時以上に目が行き届かなくります。息子のときの経験を忘れずに、怪我には十分に気をつけてあげようと思います。

そして、この事件以降3年ほど、息子は大の病院嫌いになりました。さすがに、それに対して根性がないとか、しっかりしなさい、というのは酷なので、大目に見てあげていました。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:育児 - ジャンル:育児

ひらがなポスター
双子娘にとって、キッチンはお気に入りの遊び場です。確かに、子どもにとって魅力的な物がたくさん置いてありますよね。

そして、キッチンでの最近のブームは、冷蔵庫に貼ってある「ひらがなポスター」で、自分達の知っている物を当てることです。

このポスターは、二年ほど前、息子の「こどもチャレンジ」に付いてきた教材です。Leoはほとんど興味を示さなかったのですが、そのまま冷蔵庫に貼りっぱなしにしておきました。

私にとっては、見慣れ過ぎてしまって、存在を意識することすらなくなっていたのですが、このポスターに双子娘が注目し始めました。

最初に、Linaがポスターに描かれている猫を指差し、「ニャーンニャン」と言って来ました。確かに人差し指の先には、「ね:ねこ」の欄がありました。

もしかして、他にも認識できているのかと思い、いろいろ質問してみました。結果、7つほど、私が言った単語に相当する絵を指差すことができました。Linaだけではなく、2人ほぼ同時に答えることができていました。

ついに私の言葉を理解し始めてくれたと思うと、何だか嬉しくなってきました。




一方、自分達の意志も伝える手段も習得し始めています。「これ食べる?」と聞くと、欲しい場合は頷き、いらない場合は横に首を振ります。反応があるのが嬉しい上に、ぎこちない首の動かし方が、一生懸命さを物語って、より可愛らしく見えてきます(親ばかですね、(;^_^A)。

Lisaにおいては、親の扱い方まで覚えてきたようです。最近、私に注意されると、ニコッと笑顔で近寄ってきて、口にキスをしてきます。口を塞いで、これ以上喋らせない作戦なのでしょうか?!

こうして意思疎通が取れるようになってくると、子育てがより一層楽しくなってくるように思います。二人の毎日の成長を見ることも、さらに面白くなっていきそうです。

また、今日は2人揃って、息子が使う踏み台の上に昇り、カウンターの上のお菓子を取ろうとしていました。そんな知恵が付いてきています。楽しくなると同時に、目が離せなくもなっていくようです(笑)。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

日本な気分
1ヶ月半前のハロウィーン当日、息子がキンダーで前髪を切るというハプニングがありました。

その後、本人も切ったことを反省し、前髪を気にする日が続いていました。私が切り揃えてあげると提案しても、「ママがもっとかっこ悪くしようとしてるー」と逃げ回るばかりでした。

多分、私が双子娘の前髪を切る度に、「あ、失敗しちゃった、切りすぎたわ・・・」と言っていたのを、覚えていたのでしょう(汗)。

そうこうしているうちに、ようやく髪全体が伸びてきたので、美容院に連れて行ってきました。

自分で切ってしまった悲惨な前髪が、



無事に切り揃えられました。
1218052.jpg


美容院はサンフランシスコの、ジャパンセンター内のお店を利用しています。ここだと、日本から来た(=日本の免許も持った)美容師さんがカットしてくれます。アメリカ在住の方には分かっていただけると思いますが、これはものすごくありがたいことなのです(笑)。

ジャパンセンターには、日本食レストランや、紀伊国屋、100円ショップのお店もあり、行くたびに、ちょっと日本を感じることができます。子どもたちも、クレープやタイヤキ、そしてサンリオグッズといった「日本」を楽しみにしています。

そして、昨日は違った意味での日本を感じることができました。

なんと、コスプレショーが開催されていました。

1218055.jpg


日本どころか、気分はもう、秋葉原です。

アニメのキャラクターに扮する人が、あちらこちらに徘徊していました。カメラマンの方も多く、私も一緒に紛れて撮らせてもらおうかと思ったのですが、数枚撮るのがやっとでした。まだまだ修行がたりませんね(汗)。

日本のおたく文化が浸透してきているとは聞いてはいましたが、ここまでのを盛り上がりを見せているとは思いませんでした。そして、こちらの方々、身体が大きい分、コスプレにも威圧感があるような気がしました(;^_^A

息子+双子娘は、ディズニーランドや遊園地にでも来たと思ったのでしょうか、ちょっと引きながらも、楽しそうにしていました。

双子娘にはまだ関係ないことですが、息子にとっては、日本という国への理解が深まった(あるいは分からなくなった)いい機会だったように思います。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

表彰状
息子Leoが、キンダーから"Life Skill Award"という表彰状をもらってきました。写真で左胸につけているバッジ("Principal's award" - 「園長先生賞」と書いてある)も、併せてもらってきました。




本人によると、これは非常に名誉なことで、クラスで一人だけ受賞したそうです。そして、各賞受賞者は、全校生徒(おそらく小学生も一緒)の前で表彰され、園長先生からランチを振舞われるとのことです。

すっかり鼻高々のLeoでした。

でも、いったいこれって、なんの賞なのでしょう?

年頭に、これらの賞に関する説明を受けた気がするのですが、すっかり聞き流していたし、そのあたりが記載された資料も処分してしまっていました。親としていい加減な態度なのですが、3人も子どもがいると、どうしても手が回らない部分も出てきます(苦しい言い訳です;^_^A)

というわけで、「すごいね、がんばったね」しか言えませんでした。当の息子も、それだけで十分満足な様子でした。そもそも、深い意味は分かっていないし、考える気もなさそうでした。

実際問題、毎月持ちまわりで、誰かがなんらかの賞をもらえるようになっているようです。賞のタイトルと内容は、とってつけたものなんでしょうね。

そして、息子、分かるはずもない双子娘に、この賞状を自慢していました。これで兄の面目が保てたと思っているようです(笑)。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

Linaの反撃と欲しい物・事バトン♪
子どもって、たまに闘争心をむき出しにしてきますよね。

自分が子どもの頃の記憶をたどっても、誰かが何かを達成したとき、

「そんなの大したことないじゃない。私はもっとすごいこと出来るよ。」

と言い出す子どもが必ず出てきたものです。

決して美しい態度ではないのですが、それによって努力が喚起されるのなら、ある程度は必要なリアクションなのかもしれません。

双子間だと、これがかなり激しくなりそうなんですが、まだうちの双子娘は穏やかなものです。まだ大した言葉も話せないし、自我も確立していないでしょうから、当たり前といえば当たり前のことです。

しかし、すでにその兆候が見え始めたような気がします。

先日、Lisaがブロックを4つ積み上げることに成功しました。Linaは、表面上では、相棒の成功に手を叩いて喜んでいましたが、その裏では逆転を決意していたようです。

今日気がついたら、レゴブロックを5つ積み上げることに成功していました。




私の見ていないところで、かなり練習していいたに違いありません。

単純にLisaから学ぶのだったら、同じブロックを4つ積み上げることを目指すはずです。わざわざ違うブロックを選んだり、5つという数字を目指したり、「負けないわよ」というメッセージが強力に込められているように思います。

って、多分単なる偶然なんでしょうけど(汗)、本当にLinaにはLinaの意地があるのかも知れませんね(笑)。


さて、"Oh!MyGods!!"の和さんから、「欲しい物・事バトン」が回って来ました。クリスマスを目の前にし、欲しい物だらけなのが見破られたのでしょうか?!

よろしかったら、お付き合いください。
続きへ行く前に、クリックして頂けると嬉しいです♪(子育てブログ)

[READ MORE...]

テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

Holiday Program
息子のキンダーの"Holiday Program"なる催しに行ってきました。

家族全員で息子の晴れ舞台?を見届けてあげたかったのですが、風邪が抜け切っていない双子娘は、夫と留守番となりました。

少しがっかりした様子の息子でしたが、念願の「ベストな洋服」を手にすると、そんなこともすぐに吹き飛んでしまったようです。このあたりはまだまだ単純です(笑)。

よほどネクタイが嬉しかったようで、着替えた後も、「パパみたいだよね?!」と確認してきました。

まずは担任の先生と一緒に、記念撮影です。

1214052.jpg


子どもたちのテンションの高さに、親たちは苦笑していました。

1214053.jpg


ステージ脇の通路で、一列に並んで出番待ち。テンションはさらに高まり、練習してきた歌をみんなで大合唱。ここではなく、ステージの上で頑張ってね。

1214054.jpg


いよいよ本番です。一番肝心なところなのに、どの写真もボケていました(泣)。とりあえずこんな感じということで・・・。

"On Chrismas Morning, Holiday Poem,""Mama Bake the Johnny Cakes"の2曲を、元気に歌い上げていました。

立派に歌ってる息子の姿を見て、一年の成長を改めて感じました。去年の息子は、ステージから私の姿を探し、「ママ~~」と手を振っていたのです。

最後は盛大な拍手に、みんなでお辞儀です。

1214055.jpg


ステージ終了後、教室に戻って記念撮影です。16人いたはずなんですが、残りの5人はどこへ??

1214056.jpg


息子としては、十分満足のいくできばえだったようで、帰宅後、誇らしげにビデオを見せていました。私も頑張って、ビデオまで撮影してきたのです(笑)。

というわけで、無事終了しました。普段より、息子が一回り大きく見えた気がしました。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

最近の双子娘の成長
先日の記事に、ひとつ間違えを発見しました。

ブロックを4つ積み上げることができるようになったのは、Linaではなく、Lisaでした。写真内でブロックを積んでいるのはLisaで正しかったのですが、本文中にはLinaと書いてしまいました。

母である私が、二人の名前を混同してしまいました。さらに、今書いていても、これで本当に合っているのか、微妙に不安になってきます(汗)。古典的な双子ハプニングでした(笑)。

さて、そのLisaですが、積み重ね以外にも、最近できるようになったことがあります。

それは、自分でズボンを脱ぐことです。

子どもの成長過程において、衣服の着脱はとても大きなポイントだと思います。ですから、Lisaが一人でズボンを脱げるようになったことは、とても喜ばしいことなのです。

しかし、ひとつ問題があって、脱いで欲しいときに脱ぐのではなく、意味もなくズボンを脱いでしまうのです。さらに、時にはオムツまでとってしまうのです。おかげで、オムツをはずしたタイミングでお漏らしをされないよう、見張っておく必要が出てきてしまいました。残念ながら、私にとっては、むしろ面倒が増えてしまいました。

それでも、立派な成長には変わりありません。

一生懸命脱いでる図。



脱いだズボンは、お猿さんにあげるよ。
1213052.jpg


一方のLinaも着実に成長しています。

今日、玄関に向かって、「パパ いない」と二語文を話しました。どこまで意味を理解して言ったかは謎ですが、明らかな進歩です。そして、ウンチが出た、(ぶつけて)痛い、お菓子が欲しいなと、私が適当に教えたベビーサインも使いこなせるようになってきました。

今までは、双子揃って同じような成長を示していたのですが、徐々に違った順序で違ったスキルを習得するようになってきたようです。今日書いたことがいい例なのですが、大雑把にいって、Lisaが行動志向、Linaがコミュニケーション志向が強いようです。

果たして、これが二人の性格を暗示しているのでしょうか。今後の小さな楽しみです。少なくとも、二人が大きくなってからの話のネタにはなりそうです。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

息子のベスト衣装
あさっての水曜日、息子のキンダーで、"Holiday Program"なる催しものがあります。クラスごとに、ステージでクリスマスソングを歌う、という企画です。

一クラスの持ち時間は10分程度なのですが、プレスクールから小学校まで共同で行うので、それなりの規模になります。

子どもたちも心待ちにしていて、音楽の先生の指導の元、練習に励んでいるようです。

ステージといえば衣装です。所詮幼稚園の発表会なので適当なものでいいだろう、と甘く見ていたのですが、息子によると「ベストな洋服」を着て来るように言われたとのこと。

そんなことを今更言われても、息子、ジーンズとラフなロングスリーブ程度しか持ち合わせていません。理屈から言ったら、それしかなければそれがベストなんですが、そんな屁理屈を通す幼稚園児にはなって欲しくありません(笑)。

というわけで、息子が帰宅した後に、年末の買い物客でにぎわうショッピング・モールに行って来ました。かなり混雑していましたが、週末に比べれば少しは可愛いものです。

双子娘は夫に預け、久しぶりの息子と二人での外出となりました。




ついでなので、私の息抜きも兼ねて、ショッピングモールのフードコートで夕飯をとりました。

1212052.jpg


息子が大好きな「照り焼きチキン+チャーハン」(息子は「甘いチキン」と呼びます)。フードコートといえ、その場で鉄板で香ばしく仕上げてくれます。侮れません。

そして、いよいよ衣装探しが始まりました。簡単に決まると思ったのですが、息子にはこだわりがあるようでした。

ズボンのオシリにボタンが付いているのは嫌い。この色も好きじゃない。パパと同じネクタイの洋服がいい!! そんな感じで、一向に決まりません。さらに、私の選ぶ洋服は、片っ端から却下です。


1212053.jpg


数件のお店をはしごして、ようやく息子が納得する洋服を購入することができました。食事が終わってから、90分ほど経過してからのことでした。

ネクタイまで購入して、「パパと同じだよね!」と満足げな息子でした。ただ、だんだんと、父親寄りになっていく感じがして、私としては、ちょっと寂しい気もします。

そして、夫は普段ネクタイはしていないんですが、やはり父親はネクタイというイメージなんですね(しまじろうの影響?)。

それはともかく、希望通りの衣装は用意しました。当日は練習の成果を十分に発揮してもらいましょう。

PS.

多くの方からコメントをいただいたブロックは、Fisher-Priceが売り出しているPeek-A-Blocksというシリーズです。ブロックとして遊べるだけでなく、中を覗いても楽しめる、というものです。息子が乳児の頃はなかったので、比較的新しいものだと思います。

このブロックの中身に様々な趣向が凝らされていて、コレクター心を刺激する内容になっています。乗り物シリーズ、動物シリーズ、アルファベットシリーズ等から始まって、手触りを楽しむシリーズ、音が出るシリーズ、パズルのような動きをするシリーズなど、種別も多岐にわたっています。

ここにショーケースのようなアニメーションがあります。見ていると欲しくなってきませんか?

実際、沢山並べるととてもかわいく、親の方が必死に集めてしまう傾向があるようです。かくいう私もはまってしまった一人です(汗)。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

控え目な日曜日の小さな喜び。
今朝は、Lisaの泣き声で目が覚めました。どうやら鼻づまりが苦しくて起きてきたようです。お決まりのように、Linaも次第に鼻をたらし始めました。

息子は息子で、「鼻血がでた~」と起きてきました。単に鼻に指を入れて引っかいたようですが、三人揃っていやな感じです。

食料品の買出しや、プレゼントの下見(私のカメラ)など、いろいろと予定していたのですが、大事をとって家族での外出は中止にしました。

鼻水が出ていても、元気いっぱいの双子娘です。しまじろうのビデオの合わせて踊ったり、オモチャの奪い合いをしたり、普段と変わらない賑やかさです。いや、息子が加わっているので、普段以上の賑やかさです。

子ども達に圧倒され、こちらの方が体調を崩しそうでした(笑)。

そんな中、双子娘の成長を垣間見ることができました。

いつもは2つまでしか積むことのできなかったブロックを、Linaが4つ積み上げることに成功しました。

これには本人も相棒も驚いたようで、手を叩いて喜んでいました。




2人のブロック遊びは、かなり長い時間続いていました。だいぶ集中力もついてきたようです。

さて、鼻水・鼻づまりですが、幸い一日経過しても悪化した様子はありませんでした。このまま酷くならずに回復してくれることを願っています。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

週末ランチ・予定外編
昨日、Minkさんのプログを読ませていただき、メキシコ料理が食べたくなりました。

一晩明けてもその思いは消えず(笑)、週末ランチはメキシカンに決定です!
早速、お気に入りのお店に向かいました。

ここは料理の質もさることながら、それ以外の利点も沢山あります。食べ放題のチップス&サルサもおいしいし、キッズメニューも充実しているし、子ども達の大好きな風船も無料でもらえます。さらに、トルティアを焼く機械も展示してあったり、トルティアの生地で小麦粉粘土遊びをさせてくれることがあったりと、子どもが料理を待っている間、退屈しない工夫にも抜かりがありません。

さあ、今日は何を注文しようかしら。お店に入る前から、メニュー選びが始まりました。

しかし、年末だからでしょうか?1時半を回っていたにもかかわらず、30分待ちとのことでした。子連れにとって、待ち時間は辛いものがあります。今日のブログの構成まで考えていたのですが(汗)、あきらめることにしました。

車を走らせると、メキシカンのファストフード店を発見。いつも通ってる道のはずなのに、なぜかこのお店の存在を知りませんでした(;^_^A

予定した店より格下ではありますが、とりあえず美味しいメキシコ料理を食べる事ができました。そして、お客さんと店員さんの過半数がメキシコ人だったので、メキシコ気分を味わえた、と言えないこともありません(笑)。




双子娘も、チーズ・ケサディヤで立派に参加です。確かに、トルティヤとチーズの組み合わせは、1歳児にも食べやすいものです。

店内では、Leoのプレスクール時代のお友達ご家族にバッタリ遭遇しました。4ヶ月ぶりの再会です。互いの近況報告をしあい、近いうちに遊ぼうと電話番号の交換をしました。子ども同士、不器用に「また遊ぼうよ」みたいなやり取りをしていたのが、妙におかしな感じでした。

予定通りには進みませんでしたが、楽しい週末ランチになりました。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:日記 - ジャンル:育児

日本からの荷物
日本に住む私の両親から、荷物が届きました。子どもたちへのクリスマス・プレゼントです。

以前から、荷物が届く事を知らされていた息子は、大きな箱を見るなり大喜び♪

しかし、箱に書いてあるテレビの絵が気になるようです。
「えーっ?プレゼントはテレビなの?」期待を裏切られたような、複雑な表情の息子。

テレビの空き箱を利用して送ってきたのだと説明しても、中身を見るまでは、安心できません。

夕食後に、箱を開けてみました。




箱の中には3人向けのプレゼントが入っていることを確認し、ようやく納得していました。

双子娘はプレゼントの奪い合い開始!

1209052.jpg


その辺りはお見通し。喧嘩しないように、ちゃんと2個入っていました。

1209053.jpg


早速、もらったオモチャで遊びたがっていましたが、こちらでは、25日の朝まで、ツリーの下に置いておくのがしきたりです。毎年我が家もそうしています。

昨年の息子は、包装紙の端っこをめくったりしていましたが、今年はもうちょっと忍耐強くなったようです。

双子娘は、包装紙を破っていました(泣)。慌てて、セロハンテープで補修しました。

クリスマスには、ここにサンタさんからのプレゼントも加わることになっています。当日を迎えるまで、息子+双子娘の期待は高まって行きます。

1209055.jpg


おじいちゃん、おばあちゃん、クリスマスプレゼントをありがとうございました。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

18ヶ月検診
双子娘の18ヶ月検診に行って来ました。

前回の15ヶ月検診では、予防接種を受けて痛い思いをしたのですが、そこは1歳児。全く記憶には残っていないようです。

2人とも、お出掛け気分で終始ご機嫌でした。




(まだ風邪のシーズンは始まっていないのか、患者数は少なく、待合室もとても静かでした。)
1208052.jpg


待合室では、大きな水槽が毎度のお楽しみです。今日は魚より、泡に興味を示していました。二人揃って「バボー」と口にしていたところをみると、どうやら"bubble"(シャボン玉)と思ったようです。気持ちは分かります。

1208053.jpg


テーブルの上に、おもちゃ発見。

1208054.jpg


しばらく遊んでいるうちに、2人の名前が呼ばれました。

まずは看護士さんによる、体重・身長の測定からです。

前回の体重測定では、乳幼児用のスケールを使用したのですが、今回は立った状態で測定する小児用のスケールを使用しました。小さなことですが、ちょっと感激した母でした。

測定が終わると、担当医のよる検診です。

検診と言っても、今回は特に大きな検査項目もなく、食事、発育、睡眠等のカウンセリングも最低限のものでした。さらに、予防接種もなく、とても簡単なものでした。

これも小さなことですが、綿密なチェックが必要な乳児期が終わったと思うと、感慨深いものがあります。

双子娘もその雰囲気を察してか、先生に対し、手を振ったり、投げキッスをしたりと大サービスでした。終始和やかなムードの中で検診は終わりました。


[身体測定結果]
Lisa 身長30.5インチ(77.5cm) 体重21ポンド(9.5kg)
Lina 身長30インチ(76cm) 体重20.5ポンド(9.1kg)

3ヶ月前の検診と比べると、身長は約5cm、体重は約0.5kgずつ増えていました。小さいながらも、身体発育曲線のカーブギリギリに沿って、順調に育っている双子娘です。

ちなみに、発育曲線は世界標準のものではないそうです。各国独自に成長曲線を用意しているので、例えば日本のものとアメリカのものが一致している保証はないそうです(今度比べてみます)。さらに、アメリカで使われているものは、アメリカ全体での標準を取っていて、人種別の考慮はなされていないとのことです。

病院の帰りに、スターバックスに寄って休憩です。

1208055.jpg


美味しいものも分かってます(汗)。
1208056.jpg


今まで3ヶ月ごとに行われてきた検診も、次回は半年後です。未熟児で生まれた双子娘にとって、これは大きな一歩です。

そして、妊娠中から病院にお世話になりっぱなしだった私も、また一つ山を越えた気分です。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

私へのプレゼント
クリスマスのプレゼント選びって、悩みますよね。

私は例年以上に悩んでいます。

息子へのプレゼントは、サンタさんへお願いの手紙を書くらしいので、それを参考に用意できます。双子娘へのプレゼントは、オモチャ屋さんで適当に決めることが出来ます。

じゃ、誰のプレゼントを悩んでいるかって?!

実は自分へのプレゼント選びに悩んでいるんです(^▽^;)

欲しいものはすでに決まっているんです。それは、一眼レフデジタルカメラ。

現在は、2年前に購入した、普通の小型デジタルカメラ(PENTAX Optip S)を使っています。薄くて持ち運びするには文句ないのですが、シャッターを押してから撮影されるまでに時間が掛かります。

そのため、チョロチョロ歩き出した双子娘をうまく撮ることができません。

2人並んでいたはずなんですけど、シャッターが切れた時、Linaは歩き出していました。




こちらも、向かい合って遊んでいたんですけど、シャッターが切れた時は、こんな感じ。

1206051.jpg


Gymboreeで楽しく遊んでいる姿も・・・。Linaなのか、Lisaなのかさえも分かりません(泣)。

1206053.jpg


一眼レフだと、シャッターを切ったと同時に撮影できると聞き、一気に心を奪われてしまいました。

意気揚々とカメラ屋さんに実物を見に行ったのですが、予想以上に大きく、操作も難しそうです。店員さんは商売なので、片手で持てるし、無料の講座も開催している(って、難しいってことじゃないの?)から、大丈夫!と薦めてきましたが、どちらかというと不安になってしまいました。

子どもを3人連れて、さらに大きなカメラって持ち歩けるのかしら?そして、こんな複雑そうなもの、使いこなせるのかしら?決して安い買い物ではないので、結局使わずじまいで終わるのなら、買いたくはありません。

でも、カシャッ!カシャッ!カシャッ!ってシャッターが切れるのは魅力だし、子どもの成長を記録することを考えたら、多少の努力は惜しんでいてはいけないし・・・。

その一方で、まだ普通のデジタルカメラも完全には使いこなせていないわけです。カメラを換える前に、勉強すべきことが沢山あるのかもしれない、という気もしています。

今晩も、一人密かに悩み続けています(汗)。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

リース
クリスマス・ツリーも飾ったし、ストッキングも出しました。あとはリースです。去年からの持ち越し分がないので、週末にでも探しに行こう、と少し楽しみにしていました。

そんな矢先、息子Leoが、キンダーから自分で製作したリースを持ち帰ってきました。

子どもの製作物としてはよく出来ていて、母としても嬉しかったんですが、これで私のリース購入計画が崩れてしまうのでは、と少し不安になりました。

「上手に出来たね」
「ツリーに飾ってみる?それとも、クリスマス・ストッキングの横に飾る?」

玄関と言われないように、小細工を試みました。

しかし瞬時に息子は、

「玄関のドアに飾る!!」

と言い切り、全く譲歩する様子がありません。作戦大失敗です。

かくして、我が家の今年のリースは、こんなものになりました。




市販のリースと比べたら確実に見劣りしますが、子どもによる手作りのリースを飾れるのも、ほんの数年間だけですものね。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

週末ランチ・双子娘の挑戦
毎週恒例の週末ランチですが、今週は小さな挑戦をしてみました。

今までもお裾分は与えていた双子娘ですが、あらかじめ別途食事を済ませていました。しかし、今日は、別食事なしで、私達と一緒に昼食を食べさせることに挑戦です。最近食欲旺盛なので、外食だけでも十分な量を食べてくれるのでは、という判断でした。

行った先は、北カリフォルニアでは子連れ家族の味方として有名な、"Fresh Choice"です。

サラダを中心としたバイキングなのですが、その他に、パスタやスープ、デザートなどが並んでいます。

ストローラー(べビーカー)に乗せたまま、入店することがほとんどですが、今日はテーブル付きハイチェアーに乗せてみました。遊園地の乗り物にでも乗った気分だったのでしょうか、二人ともそれだけで既に楽しそうでした。

二人の好みそうなチキンヌードル、パン、ミートボール、チーズなどをトレーに乗せてみました。

トレーに乗っている量がやたら少なく見えるかもしれませんが、これは、トレーをひっくり返された場合に備えて、少量ずつ与えただけです。双子娘が小食なのでも、私がケチなわけでもありません(笑)。




もくもくと食べ続ける双子娘。私の心配をよそに、たくさん食べてくれました。最後まで静かに座ってくれていたので、私たちも食事を楽しむ事ができました。

忘れてはいけないのですが、ここは息子にとっての「ホームグラウンド」でもあります。まだ双子娘には負けられないとのごとく、恐ろしい量を食べていました。最後はお決まりのフローズン・ヨーグルト(オレオとスプリンクルのトッピング付き)で締めくくりです。

1204052.jpg


それほど心配していた訳ではないのですが、双子娘のランチ・デビューも無事に終わりました。普段通り、あるいはそれ以上、食べてくれたので、一安心です。これからは、双子娘も参加の週末ランチになっていきます♪

食後は、クリスマス・フェスティバルに行く予定だったのですが、息子の強い希望で、普通の公園に行くことになりました。

派手にクリスマスの写真をお届けしたかったのですが(笑)、代わりにこんなのどかな写真になりました。公園で知り合った、4歳の女の子とパラシュートで遊んでいるところです。

1204053.jpg


毎回息子の社交性には関心させられるのですが、双子娘もその兆候が見られるようです。これは、嬉しいことととらえていいんでしょうね。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

お兄さんのキャラクター
3歳ぐらいからでしょうか、息子Leoは赤ちゃんと呼ばれることを、とても嫌がるようになりました。意識的に、自分のことを「お兄さん」、よその小さな子どものことを「あかちゃん」と呼んでいたものでした。

この状態は徐々に変な方向に進んでいき、自分の持ち物やウチで購入するものに「お兄さん」という言葉をつけるようになりました。たとえば、自分が食べるヨーグルトは「お兄さんヨーグルト」でした。当時買ったPCの呼び名は、今でも「お兄さんコンピューター」です(笑)。

このメンタリティーは5歳になった今でも、基本的には変わっていません。何かにつけて自分のことを"big kid"、小さな子どものことを"baby"と位置づけたがります。

そこまでは当たり前の成長過程なんでしょうが、大好きな双子娘が誕生してからは、話が複雑になりました。双子娘と一緒に遊びたいのに、自分は違うものと主張したいのです。

結果として、双子娘が好むものを、いちいち「大っ嫌い」と口にするようになりました。同時に、双子娘が興味を示さないものは「大好き」と言っています。

この基準に合わせて、キャラクターにもランクづけがされています。たとえば、キティとミニーは大嫌い、うーたんは問題外、しまじろうとピカチューはグレー、スターウォーズとトランスフォーマーは大好き、といった感じです。

1202051.jpg


新しいキャラクターに出会う度に、それが乳児向けか女児向けであるかを判断します。そうであれば、「お兄さん」である自分は、そんなものには興味がない、という態度を取ります。

妙な見栄なのですが、Leoはとても真剣にとらえています。これって、5歳児の一般的な態度なんでしょうか、それとも兄としての意地なんでしょうかね。

そんなLeoですが、双子娘のことが本当に大好きなようです。今日、クリスマスツリーの下に、パパ宛、ママ宛、双子娘宛のプレゼントを置いていたのですが、双子娘宛のものが一番大きいものでした(写真中央)。

1202052.jpg

※プレゼントの中身は、自分のオモチャ箱から厳選された品のようです。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

一ヶ月ぶりのGymboree
久しぶりに、双子娘をGymboreeのクラスに連れて行きました。

風邪で欠席したり、サンクスギビングと重なったりと、気が付けば1ヶ月ぶりの参加です。

お休みしていた間も、二人は確実に成長しています。小走りもできるようになり、大人の真似も上手になりました。Gymboreeでは、どんな成長を見せてくれるのかしら?そんな事を考えなら、身支度を整え、家を出ました。

あ、雨・・・。

二人の世話に気をとられ、天気など全く気にしていませんでした。ま、そのうち止むだろうと、軽い気持ちで車に乗り込み、クラスに向かいました。

ところが、雨脚が強まる一方です。駐車場に到着ころには、もう大雨といっていい状態です(泣)。ここから二人をストローラー(ベビーカー)に乗せ、ショッピング・モール内(*1)まで歩かなければなりません。引き戻るべきか・・・。

雨は激しいけど、モールは目の前だし、、、一ヶ月ぶりだけど、ここで無理して風邪を引かせたら長引くかもしれないし、、、傘を持ってこなかったけど、そもそもダブル・ストローラーを押しながら傘なんてさせないじゃない、、、帰りもまだ降ってたらどうしてくれるの、、、などなど数分間悩みに悩み、結局行く事にしました。

二人はストローラーが傘代わりになり、それほど濡れずにはすみましたが、私はびっしょりです(>。<")

プレイルームに入っていくと、数人のお友達しか来ていませんでした。
「雨の日は、お休みする子が多いのよね~」担当の先生は、笑いながら言ってましたが、私には笑って返す余裕がありませんでした。ゼーハー。

そんな状況を知ってか知らずか、双子娘は絶好調でした。

滑り台を登るスピードもアップ!




空気の入った大きな丸太。力を合わせて押してみよう!

1201052.jpg


頭をぶつけないように、かがむことも覚えてきたようです。(Lisa)

1201055.jpg


「やっぱり狭いところは落ち着くね~」(Lina)。この辺り、あまり進歩はしてないよです(汗)。

1201054.jpg


少人数で、ちょっと寂しい感じもしましたが、二人はとても楽しいひと時を過ごせたようです。二人が元気に遊んでいる姿を見れれば、ビショビショでクタクタになりながら連れて行った甲斐もあるというものです。

ここのモールでも、クリスマスの装飾が始まっていました。

1201056.jpg


(*1)双子娘が通っているGymboreeのクラスは、ショッピング・モール内の一角にあります。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:双子の子育て - ジャンル:育児

クリスマス準備・第二弾!
いよいよ12月ですね。

サンクスギビングの週末を過ぎると、多くの一般家庭もクリスマスの装いになります。今週あたりから、屋根や窓枠などに電球を張り巡らせ、きれいにデコレーションされたお家をよく見かけるようになりました。

夜になると、ライトアップされたよそのお家を見物してしてまわる人も出てきます。私もその一人です(;^_^A

家のデコレーションとまではいきませんが、私もクリスマス準備・第二弾を断行しました!

って、子ども達のクリスマス・ストッキングを出しただけなんですけどね(汗)。

暖炉の前に飾りたいところですが、残念ながら、私の住んでいるアパートにはそんな優雅なものはありません。壁にかけて我慢しましょう。

1130051.jpg

(ちなみに、これらは手作りではありません。)

三つ並ぶとさすがに壮観です。

早速、息子は、LisaとLinaのストッキングの中に、自分からのプレゼントをしのばせていました。自分の使い古したミニカーです。クリスマス当日までに、色んなものが詰め込まれていきそうです(笑)。

小さなことでも、また一つ準備が整った、と思いきや、ツリーのライトが消えていることに気づきました。何かの間違いか、コンセントが抜かれていました。

再びコンセントを入れようとすると。

「ダメーッ、電気付けちゃ!!!」

息子が焦った顔で、私に言って来ました。

理由を聞くと、「電池が切れて、クリスマスの日にライトがつかなくなるから!」とのことです。

先日、懐中電灯をオモチャ代わりに遊んでいて、電池を切らせたことがありました。その事から推測したんでしょうね(笑)。

1130052.jpg


この理解の程度は、5歳児の本領発揮といったところです。

なんともにぎやかなクリスマスになりそうです。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。