プロフィール

Minnie

Author:Minnie
住まい:東京都
夫:普通の会社員
私:普通の専業主婦
息子Leo:2000生まれ
双子娘Lisa,Lina:2004年生まれ



カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水のデリバリー
我が家では、水のデリバリーを利用しています。

割高なんですが、スーパー等で購入して運ぶ手間を考えると、デリバリーは非常に重宝します。楽な方に流れているだけなんですけどね(汗)。

デリバリーは約二週間に一度。指定された日までに電話で予約をするか、当日に必要な水の大きさと数量を玄関に貼っておくと、お願いした水を置いていってくれます。水のボトルは返却することになっているので、そのときに空のボトルを玄関先に置いておきます。

空のボトルを出し忘れると、親切な担当のお兄さんがチャイムを鳴らしてくれます。そうなると、慌ててノーメークにパジャマ姿で、険しい顔をして、子ども達を叱りながら、ボトルを運び出すことになります。それは不本意な姿なので(笑)、デリバリーの日は忘れずにボトルを出すようにしています。

今日も忘れずに、朝一で出しておきましたよ、ふぅ。




午前中には、水が届けられていました。

この5ガロン(約19リットル)の入ったボトルを運ぶのは、夫の仕事です。私は腰痛持ちではあるのですが、客観的に考えて、女性が運べる重さではありません。

0120062.jpg


ボトルの水は、このようにして使います。最初、どうやってディスペンサーにつけるのか理解できませんでした。これ、力技で、ボトルを持ち上げてひっくり返すだけです。

もうすっかり見慣れましたが、最初はアメリカ的な豪快さに驚いたものです。

0120063.jpg


子ども達は、このディスペンサーが大好きです。確かに、最高のおもちゃですよね。

Leoは、自分でコップに水を入れて飲めるからいいのですが、双子娘は、私の目を盗んでは水を流して喜んでいます。何かが出来るようになった、と考えると嬉しいのですが、水は無駄にされるは、あたりはビショビショにされるわで、最近の頭痛の種です。

今日の注文は2本だったのですが、最近は3本、4本とオーダーすることも増えてきました。ここでも大家族を実感させられます。

4本ともなると、値段も張るし、場所もとります。重量にしたら、19 x 4 = 76キログラム になるわけです。ちょっと引いてしまいますよね。もっと水道水を活用することを考えないといけないのかもしれません。

でも、気分の問題かもしれませんが、この水、おいしいんですよ!負担に感じつつも、まだ止められそうにない、お気に入りのサービスです。


にほんブログ村 子育てブログへランキングに参加しています。クリックお願いします。

※クリックのご協力、ありがとうございました。皆様のおかげで、カウントが増えています。とっても嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ商品 - ジャンル:育児

私へのプレゼント
クリスマスのプレゼント選びって、悩みますよね。

私は例年以上に悩んでいます。

息子へのプレゼントは、サンタさんへお願いの手紙を書くらしいので、それを参考に用意できます。双子娘へのプレゼントは、オモチャ屋さんで適当に決めることが出来ます。

じゃ、誰のプレゼントを悩んでいるかって?!

実は自分へのプレゼント選びに悩んでいるんです(^▽^;)

欲しいものはすでに決まっているんです。それは、一眼レフデジタルカメラ。

現在は、2年前に購入した、普通の小型デジタルカメラ(PENTAX Optip S)を使っています。薄くて持ち運びするには文句ないのですが、シャッターを押してから撮影されるまでに時間が掛かります。

そのため、チョロチョロ歩き出した双子娘をうまく撮ることができません。

2人並んでいたはずなんですけど、シャッターが切れた時、Linaは歩き出していました。




こちらも、向かい合って遊んでいたんですけど、シャッターが切れた時は、こんな感じ。

1206051.jpg


Gymboreeで楽しく遊んでいる姿も・・・。Linaなのか、Lisaなのかさえも分かりません(泣)。

1206053.jpg


一眼レフだと、シャッターを切ったと同時に撮影できると聞き、一気に心を奪われてしまいました。

意気揚々とカメラ屋さんに実物を見に行ったのですが、予想以上に大きく、操作も難しそうです。店員さんは商売なので、片手で持てるし、無料の講座も開催している(って、難しいってことじゃないの?)から、大丈夫!と薦めてきましたが、どちらかというと不安になってしまいました。

子どもを3人連れて、さらに大きなカメラって持ち歩けるのかしら?そして、こんな複雑そうなもの、使いこなせるのかしら?決して安い買い物ではないので、結局使わずじまいで終わるのなら、買いたくはありません。

でも、カシャッ!カシャッ!カシャッ!ってシャッターが切れるのは魅力だし、子どもの成長を記録することを考えたら、多少の努力は惜しんでいてはいけないし・・・。

その一方で、まだ普通のデジタルカメラも完全には使いこなせていないわけです。カメラを換える前に、勉強すべきことが沢山あるのかもしれない、という気もしています。

今晩も、一人密かに悩み続けています(汗)。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。(* ^ー゚)ノ
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

パッパ
双子娘の散歩は日課になりつつあります。
といっても、コースはアパート敷地内なんですが(;^_^A

靴を履いて玄関を出るなり、「ニャーンニャン」と例の猫を探す二人。あいにく猫の姿を見つけることはできませんでしたが、徐々に育っている記憶力に少し感心しました。

そして、今日の収穫はこれ。自分達の顔より大きい葉っぱを振り回して、「パッパ」と大喜び。



アパートのオフィス前に行くと、Linaがドアを叩いて中のお姉さんを呼んでいました。「パッパ」を見せたかったのでしょうね(笑)。



こちらはLina。小さいもみじの葉と、自分の葉の大きさを比べてるのかしら?



双子娘とっては、大きな「パッパ」が今日の大収穫だったようです。部屋に戻っても遊び続け、夫と息子が帰ってきたら、嬉しそうに見せびらかしていました。

こんなものでも、双子娘にとっては、宝物なんでしょうね。間違って捨てないように注意する必要がりそうです。

ランキング参加しています。
           クリックしてくれると嬉しいです。


日常に戻った子ども達
今日の双子娘は、11月最初のGymboreeクラスに出席です。

今までと同じ時間の同じクラスなのですが、何だか雰囲気が違います。あれ?知ってるお友達が少ないな・・・。

担当の指導員によると、多くのお友達が、次のレベルのクラスに移動したそうです。そして、新しいお友達が入ってきていました。

双子娘の通っているのは、10ヶ月~16ヶ月のクラスです。気が付いたら、最年長!
小さいと思っていた双子娘も、さすがに10ヶ月のお友達と比べると、足取りも軽やか、動きは立派です。

二人もあと少しで17ヶ月に入ります。そろそろ、次のクラスへの移動時期です。小さなことですが、確実に成長しているんですね。



一方、息子は月間レポートを持ち帰ってきました。簡単な成績表って感じかしら?

先生の話を理解し、まずまず頑張っているようです。だたし、グループ活動などで負けた時、悔しさを抑え切れないようです(汗)。

競争心を持つことは大切だと思いますが、ある程度は引くことも覚えて欲しいものです。アメリカ生まれでも、日本人の血が流れているわけですから(笑)。

ディズニーランド、ハロウィーンと立て続けのイベントが終り、すっかり平常に戻った息子+双子娘でした。ただし、母はちょっと疲れ気味・・・。


ランキング参加してます。
クリックお願いしますm(._.)m ペコッ
         
双子娘の散歩
天気が良かったので、双子娘と散歩に出かけました。

私たちのアパートはペット可で、犬や猫をよく見かけます。

その中でも一番よく見かけるのが、この猫です。名前はポンチョ(あれ?パンチョだったかも??)。放し飼いは禁止なはずですが、毎日我が物顔で敷地内を闊歩しています。

以前息子に飛びついてきて彼を猫嫌いにしたのも、この猫です。

今日も双子娘の散歩中に、ノソノソと近寄ってきました。



最初は興味深々の二人でしたが、すぐ近くまで来たら、声を震わせ二人で抱き合ってました。双子娘まで猫嫌いになるのではと、母はちょっと心配でした。



それでも、やはり気になるようで、ちょっと離れると「ニャーンニャン」と声をかけていました。

猫も二人の相手が面倒になったのか、さっさと退散。



その後もしばらく二人の散歩は続きました。

Linaが転んだ時、Lisaが心配そうに助けに行きました。こんな小さくても、相棒を助ける気持ちが芽生えてきてるんですね~。ちょっと感動でした。



小さな散歩でしたが、双子娘にとっては、楽しい大冒険だったようです。帰ってきてから、何度も玄関の靴を持ってきては、外に連れて行くよう催促してきました。

これからは、双子娘との散歩が日課になりそうです。


クリックお願いしますm(._.)m ペコッ

          

昨日のアクシデント
昨日の興奮が残っているのか、今朝一番に飛び起きたLeo。

私が起きていくと、昨日Trick-or-treatで集めたキャンディーを広げ、品定めをしていました。よほど嬉しかったのでしょうね。

一家にとっても楽しいハロウィーンだったのですが、実はちょっとしたアクシデントがありました。

夫に連れられ、帰宅した息子を見ると、何だかいつもと様子が違います。

「ん?前髪変じゃない?切ったの??」
「あの・・・」

慌てる息子。

「風が吹いてきて、飛んだの・・・」
「どこかに行っちゃったみたい・・・」

(そんなのありえない)

「長すぎるかどうかわからなかった・・・」

(意味不明)

一所懸命言い訳を並べ始めましたが、嘘をついてごまかすのは、許しがたいことです。誰が切ったのか、どこで切ったのか、なぜ切ったのか、説明させました。

焦れば焦るほど、言葉につまり、ついに泣き出してしまいました。

説明できないなら、今日のTrick-or-treatは中止だと言うと、さらに大泣。

結局は、間違えて自分で切ったらしいです。なぜ間違えたのか、問いただしたのですが、それ以上は上手く説明しきれませんでした。

ハロウィーンで浮かれ、ウケ狙いで切ったのかもしれません。(-_-,,;)

前髪中央が、両サイドより短くなってるのがお分かりでしょうか?この程度で済んで、良かったと言えば良かったのですが、Leo、もう5歳です・・・。



何のために美容院代を払っているのか、考えると空しくなってきました。

昨日がハロウィーンじゃなかったら、もっと怒られていたのかもしれません(;^_^A

お帰りの際にクリックお願いします。
ランキング参加しています。
           
いよいよハロウィーン当日
いよいよ待ちに待ったハロウィーン。

冬時間が始まり、早めに辺りが薄暗くなったころ、Jack-o'-Lanternsに火を燈し、玄関先に飾ってみました。私もカービングをしてみました。



長い間ひっぱった割には地味なものですが、これが息子+双子娘のコスチュームです!



息子はスターウォーズの、ジェダイになりました。どこがどう違うのか分かりませんが、本人によるとLukeであって、Anakinではないそうです。

ちなみに、私自身はスターウォーズに詳しくないので、LukeとかAnakinが誰なのかさえ、今ひとつ良くわかりません(汗)。

双子娘には花のコスチュームを着せてみました。(Gymboreeのクーポンで割引購入したものです。)

さあ、trick or treatingに出発です!

近所のお友達と、家の周辺を回りました。ハロウィーンの飾り付けがされている家がターゲットです。

最初は手の込んだ飾り付けに、ちょっと怯えていた息子ですが、お菓子が増えていにつれ、調子が出てきました。途中からは、率先して、「あの家いくよー」と、次の家に駆け込んでいくほどでした。

ガレージをお化け屋敷にした家、スモークを炊いている家、映画を外に向けて上映(?)している家など、かなり凝った仕掛けもありました。



その中で、一番驚いたのは、右下の写真の家です↑。

ぎゃ!リアルな死体!と、覗き込むと、「ワッ!」と飛び起きてきました。心臓に悪いです・・・。身体を張ったすばらしい仕掛けなのですが、なぜそこまで・・・。

約1時間trick or treatと叫び続けた成果が、この収穫物です。たくさんのお菓子を目の前に、息子も満足げです。



これで今年のハロウィーンも終了です。息子+双子娘も存分に楽しむことができました。

ランキング参加しています。
           クリックしてくれると嬉しいです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。